日刊大衆TOP 芸能

小泉今日子と 有名美女軍団小泉会酔いどれ武勇伝 vol.01

[週刊大衆02月17日号]

「トップがついに戻って来ましたからね。当然、ド派手な宴が行われることは間違いなく、六本木界隈の飲み屋は、いつ襲撃されるか戦々恐々としていますよ」
こう語るのは夕刊紙の芸能班デスクだ。

なにやら物騒な話に聞こえるが、実はコレ、小泉今日子(47)率いる『小泉会』のこと。
「芸能界屈指の最強派閥と呼ばれる小泉会ですが、昨年は会長の小泉が、NHKの朝ドラ『あまちゃん』の東北での撮影で不在。実質、活動休止状態でした。しかし今年は違います。スケジュールもひと段落したとあって、早くもメンバーを集結させ、飲み歩き始めているんです」(前同)

彼女たちに襲われたら最後。店の酒はすべて飲み尽くされると恐れられる"ガブ飲み美女"たちが、ついに本格始動したのだ。

そこで今回は小泉を含めた小泉会の主要メンバーの"酔いどれ武勇伝"を徹底取材。
そこから見えてきたのは、芸能美女たちの夜の仰天素顔だった!!

まず、小泉会の飲みっぷりを知るうえで欠かせない人物は、いまやブロードウェイ女優の米倉涼子(38)だ。
「小泉の右腕と呼ばれ、酒量に関しては小泉に引けを取らない酒豪です。典型的な体育会系で初っ端からテキーラ。酔っ払うと、"米倉、飲ませていただきまっす!"と高らかに宣言して、一気飲み。すると、小泉も負けじと"小泉、飲ませていただきまっす"と、これまたテキーラ一気飲み。こうなるともう手がつけられず、朝までコースになるようですね」(芸能ライター・織田(おりた)祐二氏)

ちなみに先週、本誌でも伝えたように、昨年、小泉の不在時は米倉が"会長代行"として、たびたびメンバーを集めて、結束を強めていたという。

さらに彼女の紹介で、宝塚出身の女優・天海祐希(46)も小泉会に入会するというのだ。
「基本的に、会には小泉のおメガネに適った女優しか入れません。しかし、小泉は米倉を信頼しており"ヨネが仲よしなら、いいよ"と二つ返事でOKしたとか」(芸能記者)

晴れて新メンバーとなる天海だが、彼女にも酒にまつわる武勇伝がある。
「飲むとすぐに顔が赤くなるという彼女ですが、決して潰れない。かつて主演した連ドラ『BOSS』(フジテレビ系)の打ち上げの際は、共演者が次々と潰れていくなか、延々と10時間、朝まで飲み続けたうえ、ケロッとした顔で帰っていきました」(制作会社関係者)

小泉会がスゴイのは、こうしたベテラン美女たちに混じって、若手女優が羽を伸ばしているところだ。そのトップ3が長澤まさみ(26)、吉高由里子(25)、榮倉奈々(25)。
「彼女たちは"下ネタ担当"(笑)。たとえば、長澤は過去にドラマの打ち上げで酔っ払ったあげく、股間にバナナを当て、腰をクネクネさせるモンキーダンスをしていたと報じられています。本来ならそんなハシタない芸は封印すべきですが、小泉会ではカラオケタイムになるとお約束のように披露。小泉ら先輩陣は大爆笑してハシャいでいるそうですよ」(前出・夕刊紙デスク)

エロ大歓迎の雰囲気があるのも、小泉会の特徴。
「吉高もノッケからハイボールをガンガン飲み、女王様ごっこを始めるとか。皮のベルトで隣の人を後ろ手に縛りあげるそうです(笑)。しかも最近は、壇蜜のモノマネをして色っぽく縛るようです」(前出・織田氏)

縛られているかもしれない榮倉も、小泉会では本性を晒しているという。
「酒量は若手の中でナンバーワン。アルコール度数70度を超えるリキュールを一気飲みしたり、芋焼酎をロックでグイグイいったり。で、酔うと脱ぎ出すそうです。周囲が"ほんと、ヤラシー体ねえ"と冷やかすと、本人は"ヤラシー体で~す!"とノリノリで答えているそうです」(前同)

02月11日公開のvol.02続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.