日刊大衆TOP 芸能

金持ち矢部と結婚目前なのに青木裕子アナ“猛烈貯金”の怪

[週刊大衆04月30日号]

TBS青木裕子アナ(29)とナインティナイン矢部浩之の結婚話が、ここにきて再び熱を帯びてきている。

「先日、女性誌が報じたんですが、昨年末、青木アナの実父が亡くなったんです。矢部は、落ち込む彼女を、“支えたい”と真剣に考えるようになったようで、喪が明ける約1年後の今年末に結婚を考えているそうです」(スポーツ紙記者)

かつて、「結婚願望が完全に欠落している」と語っていた矢部も、ついに変貌したということなのか?
2人はいま、家賃150万円超ともいわれる六本木の矢部の自宅マンションで、同棲生活を送っている。
「いま矢部は6本ものレギュラー番組を持っていて、すでに年収3億円はあるでしょう。今後の吉本を背負っていく存在であることも間違いない。彼と結婚すれば、経済面では何も心配はないですよ」(放送作家)
まさに順風満帆と思える青木アナの“バージンロード”なのだが、一方では、こんな話も聞こえてくる。
「彼女、めちゃくちゃ貯金しているんです。外食はしないし、給料の大半は貯金するそうです。ボーナスに至っては、その9割を定期預金に回すようです。貯金総額は、もう5000万円以上あるんじゃないかな」(芸能プロ関係者)

矢部との結婚が決まっていれば、そんな貯金は必要ないように思えるのだが。
「青木さん、実は最近、“彼がモテすぎて困る……”って話しているんですよね。彼女、やはり前カノと15年交際し、結婚に至らなかった矢部さんのことを、心からは信じていないんじゃないですかね。多額の貯金は、破局したときの“保険”なのでは」(TBS関係者)

保険で済めばいいが……

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.