日刊大衆TOP 芸能

夜の芸能界 勢力図に異変 小泉今日子と「美熟女軍団」ただいま北上中 vol.2

[週刊大衆04月30日号]

アラフォー、アラフィフの「小泉会」のメンバーだが、会の活動内容は若々しい。
ひとたび集まれば、基本的に朝までコースだ。

「ビールかシャンパンから始めて、ワインに流れるのが、定番パターンだとか。キョンキョンは、ウオツカ、テキーラなどの強い酒も大好き。グイグイとボトルを空けていく、男前な飲みっぷりですね。みんな酒豪ですが、朝になる頃にはヘロヘロになっているそうです」(放送作家)

酒が進めば、トークも俄然、盛り上がる。
「話題は、ほとんど男関係か下ネタ。酔いが回ってくると、“ガールズトーク”なんて生易しいものではなくなってきます」(前同)
北の拠点・新宿二丁目では、最近、こんな目撃談があったという。
「あるゲイバーにキョンキョンが飲みに来て、店中が大騒ぎに。お客さんの一人が往年のヒット曲『あなたに会えてよかった』を歌ったら、彼女も喜んでくれただけでなく、“ちょっと~、ちゃんと歌ってよォ~”なんて大笑いしながら、一緒に歌ってくれたんだって」(ゲイバーの店員)
みんなを楽しませようというサービス精神があればこそ、彼女の周りには、たくさんの人が集まるのだ。
「いまや末端メンバーまで加えると、会員は数十人にまで膨れ上がっています。中心メンバーたちが酔った勢いで片っ端から電話をかけ、友達や後輩を呼ぶうちに、どんどん増えたようですね」(芸能記者)
仕事での直接の繫がりはなくとも、「小泉会」に入会を希望する美女優たちは数知れず。

最近では、若手もよく顔を出すという。
「米倉を“姉さん”と慕う水川あさみ(28)が、若手の番頭格。大阪出身のサッパリした性格が、キョンキョンとも相性がいいようで、可愛がられています。水川は同世代の女優との交友関係が非常に広く、“小泉会”に新しい人材を次々と引き入れるキーパーソンでもあるんです」(前同)
その水川人脈の一人が、榮倉奈々(24)だという。
「榮倉は、ああ見えて相当な酒好きで、性格は天然系。いつも小泉の“イジり”のターゲットになっているんです」(同)
この榮倉の誘いで、長澤まさみ(24)も「小泉会」に顔を出しているそうだ。
「長澤は一時、石原さとみや戸田恵梨香などを率いて“長澤会”を主宰していましたが、小泉をはじめ、面倒見のいい熟女メンバーに居心地のよさを感じ、会ごと“小泉会”の傘下に入ってしまったとか」(同)
若手の中の最大派閥とされる「長澤会」を吸収合併した「小泉会」は、芸能界で最大かつ最強の女子会といえよう。

04月25日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.