日刊大衆TOP 芸能

“アソコの秘密”徹底調査人気芸能美女「絶対名器」ベスト20 vol.1

[週刊大衆04月30日号]

「黙って座れば、ピタリと当たる」
とは易者の決まり文句だが、セックス鑑定の達人にかかれば、芸能美女のアソコの具合も、たちどころにわかってしまう。
おなじみ志賀貢医師と、顔相学者の小野十傳氏が、お墨付きを与えた“絶対名器”の持ち主は?
さっそく、絶品ランキングを発表することにしよう。

栄えある1位に輝いたのは綾瀬はるか。
映画やドラマ、CMでヒットを連発している彼女が、そのうえ名器の持ち主だというのだから、これはもう国宝級の美女というしかないだろう。
B88・Fカップ巨乳が注目されがちな綾瀬だが、志賀医師は彼女の腰のラインに注目する。
「いわゆる柳腰の女ですね。腰のラインがしなやかで、このタイプの女性は締まりが抜群というわけではありませんが、日本古来のスタンダードなセックスを提供してくれます。なので、何度やっても飽きがこず、安定感抜群の“大正ロマン型”の名器といえるでしょう」
また、小野氏は彼女の目から、アソコの具合を読み解く。
「彼女の顔の特徴は、右目と左目の高さが微妙に違う“雌雄眼”。こういう女性は自分の中に何人もの人格を持っていて、そのときどきでキャラが変わるんですね。天然と呼ばれるタイプに多い顔相です。人格が多いぶん、相手の気持ちがわかるので、セックスはすこぶるうまい。フェラも男のツボを知り抜いた舌遣いのハズ。天性のフェラ名人といえます」
そんな小野氏の話を裏づけるような逸話を広告代理店関係者が話してくれた。
「江崎グリコ『ジャイアントコーン』のCMで、彼女がアイスを舌で舐めている場面があるんですが、その舌遣いが絶妙。関係者の間では、“綾瀬はフェラが絶対巧い!”って評判ですよ」
今年も彼女は映画にドラマに大忙し。すこぶるつきのテクニシャンも、テクを発揮するヒマがない!?

2位は、最近ますます巨乳化が進んでいる上戸彩。
4月28日公開の映画『テルマエ・ロマエ』の入浴シーンが話題の彼女だが、私生活ではEXILEのリーダー・HIROとの結婚が秒読みという情報も。
「結婚を控えているせいでしょう。素晴らしい名器に発達しつつあるようです」
と、志賀医師がいう。
「結婚を前に、女性ホルモンの分泌が盛んになる時期のようです。目の横がほんのり赤らんでいるのが、その証拠。この時期の女性のアソコは男の精を一滴残らず搾り取ろうと、牛の乳搾りの手つきのようにペニスをグイグイ締めつけてくるので、男は最速0・3秒でイッてしまうでしょう」
一方、小野氏によれば
「上戸のように、ほっぺの肉づきがいい女性はオマ○コの肉づきもいいんです。ただ、彼女は顔の面積のわりに口が大きい。こういう女性は細いオチ○チンでは満足できない。太い肉棒が大好物なんです」
その点、HIROなら心配ご無用、ってか!?

3位は“恋多き女”深田恭子。
彼女の写真を見た瞬間、志賀医師は「上つきですね」と即答した。
「腰と太腿の発達がズバ抜けています。こういう女性は十中八九、上つきなんですよ。この場合、仰向けになったときの膣口の角度がほぼ45度。そのため、正常位で脚を伸ばした態勢でも、男のイチモツが楽に出し入れできる。ピストンしやすい、オヤジ向きの名器といえるでしょう」

4位は“共演者キラー”として知られる売れっ子女優の北川景子。
「いわゆる締まりのいい名器ではなく、愛液が噴水のように溢れ出る“噴水型名器”です」
と、志賀医師がいう。
「スレンダーで脚も細いのに、ふくらはぎだけ肉づきがいい。このタイプはセックスが情感豊か。ベッドでは我を忘れて乱れるタイプで、一度燃え上がると、ゴボゴボ音を立てて愛液が溢れてくる。こういう女性には、三深一浅のピストン運動が効果的。必ず、アソコが噴水状態になります」
彼女が出演しているサイダーのCMじゃないが、アソコが“シュワシュワ~”になるらしい。

04月27日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.