日刊大衆TOP 芸能

“アソコの秘密”徹底調査人気芸能美女「絶対名器」ベスト20 vol.3

[週刊大衆04月30日号]

8位の米倉涼子は「股にある筋肉、骨盤底筋が異常に発達。そのため、Gスポットもしっかり開発されています」(志賀医師)
得意な体位は騎乗位で、男性器を巧みな腰遣いでGスポットに当てて、何度も絶頂に。
最後は勢いよく潮を吹くことも予想されるというから、凄まじい。

ランキングは9位だが、赤西仁とデキ婚した黒木メイサの評価も高い。
志賀医師も興奮気味に、こう話す。
「彼女は、かの伝説の名器“つるしイボ”の可能性がありますよ」
つるしイボとは、膣の中がイボイボがつるされたような形状になっていることから名づけられたもので
「ピストンするたびに、男のイチモツにイボイボが絡みつく最強の名器です。黒木さんは太腿の裏側にある“貞女筋”が非常に発達していますが、それが、つるしイボであることの傍証です」(前同)
業界関係者の間では、“遊び人の赤西が結婚するとは、黒木とのセックスが相当よかったとしか考えられない”なんて声も出ているというから、志賀医師の話の信憑性も増してくる。

10位は体は細いのに、乳房はデカい真木よう子。
08年に元俳優の一般人男性とデキ婚。
1児の母となった彼女を評して、小野氏は「腹式呼吸の女」という。
「彼女は声が低いですが、それは腹式呼吸の賜物。腹式呼吸の女性は腹筋とともに、自然にアソコの筋肉が鍛えられているため、締まりが抜群。また、彼女は首筋の後ろにホクロがあります。これは誘惑に弱いことを表わしています。酒に酔わせてしまえば、もはや、こっちのもんですよ」

名器の持ち主の芸能美女には、敬礼あるのみ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.