日刊大衆TOP トレンド

タクシー運転手激怒!乗車NGにしたい芸能人ブラックリスト vol.02

[週刊大衆03月31日号]

子供に人気の女芸人・Nは、態度も悪けりゃ、支払いに関しても評判が悪い。
「目的地を言うと、脚を投げ出してふんぞり返り、運転手の問いかけはすべて無視。支払いも何もいわず、財布から小銭を何十枚も出してくるとか」(出稼ぎドライバー= 33)

大物女優・Xの傍若無人ぶりもヒドい。
なんと、無賃乗車の常習犯だというのだ。

芸能評論家の平林雄一氏によると、「泥酔してご機嫌になってタクシーに乗ると、"あっちに行って""今度はこっち"と、ドライバーを振り回したあげく、"運賃は事務所に取りに来て。わかるでしょ"って言うとか」

彼女も相当なツワモノだが、タクシー会社各社のブラックリストの筆頭に名が連ねられているのは、お笑い芸人のKだと言う。
「ドライバーに罵詈雑言を浴びせ、なんと顔にツバまで吐きかけたことで、ドライバーは大激怒!"殺したる!"とKに迫ったところ、彼は恐れをなして警察に駆け込んだという情けない話があるんです」(芸能記者)

さらに、こんな行状まで報告されている。
「Kが横断歩道を渡っているときに、タクシーが左折してきて前を通過したんです。その瞬間、なんとKは持っていた家のカギでタクシーのボディを引っかいてキズをつけ、ドライバーと大モメになったことがあるそうです」(前同)

なぜ彼らは、こんなバカなことを繰り返すのか。
社会評論家の小沢遼子氏は、こう解説する。
「残念ですが、有名人には、テレビに出演することで、人生の成功を手にしたと勘違いしている人が少なからずいるというのは事実です。だから、少しのおカネを払うことで優越感を得て、上から目線で弱い者イジメをする。人として最低です。かつて、大物政治家は下足番にこそ、温かく接していましたよ」

思い上がりも甚だしい芸能人諸君に、猛省を促したいところなのだが、こんな"迷惑乗車"も報告されている。
「叶美香さんなんですが、胸元が大きく開かれたセクシーなドレスで乗ってくるんです。あまりの色気で、目のやり場に困り、お釣りを間違える運転手が続出。違う意味で"乗車NG"ですね(笑)」(複数回答)

こんなお客さんなら、喜んで乗ってもらいたい!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.