日刊大衆TOP 芸能

志村けん「美女大奥」春の"お家騒動"緊急事態vol.3

[週刊大衆05月07・14日合併特大号]

そのあと、今年の『志村魂』の女性キャスト選びが難航。
その際、志村の“鶴の一声”で、いしのの出演が決定したという。
「寂しさを紛らわせるため、ふと、昔のオンナに会いたくなる……男なら、そんな気持ちがわからなくはありませんからね」(芸能プロ関係者)
その真相を確かめるべく、志村の所属事務所を直撃すると、
「舞台の製作会社が女性キャスト選びをしていた際、志村が“もし、最悪決まらなかったら、いしのさんでいいんじゃない?”といったことはあったようです」
と話してくれた。
さらに
「まあ、舞台出演が決まる前から、(志村は)いしのさんと飲みに行っていましたからね……」
というのだ。

「この3月1日、ドリフ時代からの先輩・加藤茶が46歳年下の新妻と挙式したことに、刺激を受けた面もあったかもしれません」(スポーツ紙記者)
この志村の心境の変化について、芸能リポーターの川内天子さんは、
「志村さんは、母親から“孫の顔が見たい”という話があったことを、ブログで告白しています。独身を通すかと思われていたダウンタウンの松本人志さんの結婚や、加藤茶の再婚などの例がありますから、タイミングが合えば、結婚することは十分考えられますよ」
となると、焼けぼっくいに火がついて、いしのが最有力かと思いきや、
「いしのさんとの関係は、基本的に昔の話ですし、恋愛感情というものを越えた部分での出演だと思いますね」(前同)
はてさて、殿の心を射止めるのは誰か。

“志村城のお家騒動”は、まだ勃発したばかりだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.