日刊大衆TOP 芸能

フジドラマ「糸引きディープキス」に国民総勃ち!石原さとみ「激濡れエロ解禁」舞台裏

[週刊大衆02月10日号]

ついに、世界が石原さとみ(27)の唇を認めた。
「アメリカの映画サイトが毎年発表する『世界で最も美しい顔100人』に石原さとみが選出され、日本人最高位に輝きました。つまり、石原さんが日本一の美女と認定されたということです」(夕刊紙記者)

石原の最大の魅力が、あのぽってりとした唇なのは、誰もが認めるところ。
「唇は一番わかりやすい女性器の象徴。石原さんの女性としての機能の高さとエロさが、あの唇には表れているんですよ!」(映画評論家・豊洲満雄氏)

主演の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)でも、その唇は大活躍で、「とにかく初回から激しくて、嵐の松本潤相手のキスシーンはセックスを超えるイヤラしさでした。石原さんは唇を奪われてソファーに押し倒されるんですが、一度は拒みながらも、ゆっくり太腿を開き男を迎え入れてしまう。そこで滴るようなディープキスを交わし、眼を閉じて快感を貪るんです」(前同)

全裸にシーツ1枚だけをまとって、チョコを頬張るシーンも総勃ちモノで、「石原さんの濡れた半開きの唇に真っ黒なチョコレートがねじ込まれるわけですから。"エロすぎ!"と視聴者からの反響も凄かったですね」(テレビ誌記者)

それにしても、最近の石原の仕事ぶりは凄い。
「焼酎『鏡月』のCMでも男に"ちょっと間接キッスしてみ?"と迫ったかと思えば、昨年12月に放送されたドラマ『恋』では、大学教授とその妻の両方と恋に落ちる女子大生役で、田中麗奈と井浦新(あらた)を相手に濃厚なキスシーン。弾けぶりが半端じゃない」(制作関係者)

その"エロ解禁"の舞台裏を、芸能プロ関係者がこっそりと明かす。
「1歳年上で同じ事務所の綾瀬はるかを意識しているようです。綾瀬さんは昨年、NHK大河に主演して紅白の司会を務めるなど、大女優の道を歩んでいる。石原さんには焦りもあって、思い切った路線に舵を切ったのではないでしょうか」

また、2人の間にはこんな因縁も……。
「モテ俳優・佐藤健(たける)を巡る争いです。12年に石原さんが舞台『ロミオとジュリエット』で佐藤と共演して熱を上げ、打ち上げの席上で熱烈なキスをしていたのは有名な話。その佐藤が昨年公開の映画『リアル~完全なる首長竜の日』で綾瀬と共演して以来、イイ関係のようなんです。勝気な石原さんだけに、"取られた!"という意識もあるのでは……」(前同)

理由はどうあれ、石原のエロ解禁は大歓迎。
ますますのヒートアップを!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.