日刊大衆TOP コラム

消しゴムのカドは何個?

[週刊大衆03月31日号]

消しゴムのカドは何個?

学校や職場の必需品である消しゴムは、使っているうちに角が取れて丸くなってきます。

そうなると細かいところが消しにくくなり、残しておきたい部分まで消してしまったりしますよね。

「だったら、最初から角をたくさん作っておけばいい。そうすれば不便が解消され、いつでも気持ちよく使える」。

そんな発想から誕生したのが『カドケシ』。
いくつものサイコロがくっついた、虫食い状態のようにも見える消しゴムです。

2003年に発売されたカドケシは、1年足らずで100万個を売り上げるという、消しゴムとしては異例の大ヒット商品となりました。

さらにグッドデザイン賞を受賞し、MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも収蔵されるなど、世界的に高い評価を得ました。

特別な知識や経験がなくても、ちょっとした発想の転換でヒット商品は生まれるということでしょう。

消しゴムのカドは何個?

普通の直方体の消しゴムにある角は、全部で8つです。
これに対してカドケシにある角の数は?

1.22
2.28
3.34

答えはココを押す! 答え : 2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.