日刊大衆TOP コラム

改名で大成功

[週刊大衆03月31日号]

同じ商品でも、ネーミング次第で売り上げが大きく変わったりします。
好例は『通勤快足』。
抗菌靴下の代表的ブランドで、昭和62年の発売以来、根強い人気を保っています。
しかし、このメーカーでは、その6年前の昭和56年から
ほとんど同じ機能を持った靴下を別の名前で売っていました。
その名前は「フレッシュライフ」。
メーカーとしては自信のある商品でしたが
平凡でインパクトのない名前が災いしてか、売り上げはサッパリ。
そこで、名前を変えてみようという話が持ち上がりました。
社内公募で集まった50以上の候補の中から「通勤快足」を選んで再発売すると
それまでの低迷がウソのように大ブレーク。
売り上げが数十倍に伸びたそうです。

ほかにも名前を変えて成功した例はあります。
次の①~③は、いずれもヒット商品の改名前の名前です。
それぞれの現在名は?

1:缶煎茶(日本茶)
2:豆ダッシュ(おもちゃ)
3:WEST(缶コーヒー)

答えはココを押す! 答え : 1:「おーいお茶」2:「チョロQ」3:「BOSS」。

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.