日刊大衆TOP 芸能

とんねるず石橋貴明 お嬢美空ひばりも認めた「型破り男力」vol.2

[週刊大衆06月04日号]

思えば、昭和を代表する歌姫・美空ひばりも、生前は、とんねるずと親交が深かった。
「とんねるずの大ファンだった、ひばりさんの息子の加藤和也氏の誕生会に、2人が駆けつけたことから仲よくなり、“お嬢”“タカ”“ノリ”と呼び合うまでの関係になったんです。現在も、とんねるずの番組に限っては、使用料なしで、ひばりさんの映像を使わせてもらえると聞きましたよ」(音楽プロ関係者)

さらにここにきて、あの“問題児”の再生に名乗りを挙げるという話も、浮上してきているのだ。
「06年に淫行事件を起こして吉本興業を解雇され、事実上の芸能界追放となった、元極楽とんぼの山本圭一です。接点がなさそうですが、石橋とは、野球を通じて非常に仲がよかったんです」(お笑いプロ関係者)
昨年から、山本を慕う芸人仲間らから復帰を待望する声が高まっているが、起こした事件の内容が内容だけに、吉本サイドの腰は重いようだ。

そこで
「個人事務所の社長でもある石橋は、芸人としても山本を評価しており、自分の事務所に山本を引き取るべく、水面下で調整中と伝えられていますね」(前同)
これが実現すれば、山本と交友が深い芸人たちも、石橋の影響下に置かれることになり、彼の存在感は、さらに増していくことは必至だろう。

「“帝王”といわれた紳助に嚙みつき、問題児の引き受けを考えるなど、その反骨精神と、面白いと思ったことを貫く“突破力”は、まだまだテレビ界随一ですよ」(バラエティー関係者)

50歳になっても弱まることのない、石橋の暴れん坊ぶりが、再びテレビ界を席捲する可能性も出てきている。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.