日刊大衆TOP コラム

日本製のコンドームは何%?

[週刊大衆04月07日号]

避妊の方法はいろいろありますが、日本で最も一般的なのはコンドーム。

避妊を望む人の約8割がこれに頼っているそうです。

コンドームの歴史は古く、紀元前から動物の盲腸や膀胱(ぼうこう)を加工したものが使われていました。

ゴム製のものができたのは19世紀。

日本では明治末、国産コンドームの製造に成功し「ハート美人」の商品名で発売されています。

コンドームをつけていれば、妊娠は100%ない。
そう考えている人もいるでしょうが、油断は禁物。

いいかげんな装着で失敗する例は意外と多いようです。

早漏防止を兼ねて2枚重ねにする人もいますが、これも危険。
コンドーム同士の摩擦が強まり、1枚のときより破れやすくなります。

現在、日本製コンドームの品質は世界一とされ、年間10億個以上を輸出しています。

全世界で使用されているコンドームの何%が日本製?

1.4~8%
2.20~30%
3.40~50%

答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.