日刊大衆TOP コラム

昼は仕事・夜は妻

[週刊大衆04月14日号]

徳川十一代将軍・家斉は好色将軍として有名です。
ヤリたい盛りの15歳で幕府の頂点に立った家斉にとって、興味があるのは政治ではなく性事。
昼間から大奥に入りびたり、「いい女はいないかな~」とうろついて、夜の相手を探していました。

身体壮健で病気らしい病気もしなかった家斉は、将軍の座に歴代最長の50年も在職。
セックス三昧(ざんまい)の日々を過ごしました。

その間、男28人、女27人の計55人もの子どもを作っています。
まさにヤリたい放題でした。

ただし、乱淫の影響か、生まれた子どもはひ弱で、半分以上の子が15歳までに死んでいます。

家斉と違い、色事も仕事、どちらも頑張った人の代表は蓮如。
衰退していた本願寺を再興させた室町時代の僧侶です。

浄土真宗では肉食妻帯が認められており、蓮如は生涯に五度結婚。
昼はエネルギッシュに働き、夜は情熱的に妻を愛したようです。

蓮如が作った子どもは、全部で何人?


1.17人
2.27人
3.37人


答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.