日刊大衆TOP 芸能

“大麻疑惑”で映画お蔵入り!?沢尻の過激濡れ場を誌上中継

[週刊大衆06月25日号]

7月14日公開予定の映画『ヘルタースケルター』で、沢尻エリカ(26)が披露したおっぱいが幻と消えてしまう危機に直面している。

「『週刊文春』で報道された沢尻の“大麻疑惑”を受け、麻薬Gメンが捜査に乗り出そうとしているんです。彼女が逮捕されたら、映画のお蔵入りは確実です」(映画業界関係者)

“沢パイ”を楽しみに、下半身を膨らませていたオヤジ族の悲鳴が聞こえてくるような話ではないか。
そこで、もしもの場合に備え、試写会で鑑賞した本誌オヤジ記者が、ひと足お先に誌上中継を敢行する。

沢尻が演じるのは全身整形し、トップアイドルに登り詰めたりりこ。
彼女の栄光と破滅を描いた作品で過激な性描写が話題だが、冒頭からエンジン全開なのだ。
「整形を終えたりりこが全身に巻かれた包帯を取ると、お椀型のDカップほどの美乳が露わに。ピンと勃った、ピンク色で控えめな乳首もグッド。試写室の男性は皆、前のめりになっていましたよ」(芸能記者)

冒頭がこれだけ衝撃的なのだから、物語が進むにつれ、エロさに拍車がかかってくるのは当然。
寺島しのぶとの“レズ絡み”、窪塚洋介からバックで突かれる場面など、何度セックスしていたかわからないほど。
「なかでも、寺島の彼氏役との絡みはボッキ度満点。沢尻が男の股間をまさぐり、“こんなに固くしちゃってどうしたいの?”と淫語責め。その後、男の唇を強引に奪い、ソファで馬乗りになってそのまま騎乗位で挿入。自ら腰を振り、“ンンッ”とアクメ顔まで披露。これで勃たなければ男じゃありません」(前同)

でも、やっぱり本音は、映像で見たい!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.