日刊大衆TOP 芸能

新エロ女王長澤まさみ「ズルむけ事件」の衝撃vol.1

[週刊大衆07月02日号]

「最近めっきり艶っぽくなったと評判の彼女ですが、まさか、あんな大勢の前で、自ら下ネタをぶっ込んでくるとは思いませんでした。おかげで、会場の男たちは暴発寸前の大盛り上がりでしたよォ!」

ある制作会社関係者が鼻息荒く、本誌にそう明かすのは、6月5日18時から、六本木の東京ミッドタウン近くで盛大に行なわれた、ドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日系)の打ち上げパーティーの一幕だ。
なんでも、同作品の主演女優・長澤まさみ(25)が、大衝撃の“下ネタスピーチ”をぶちかましたというのだから、彼のコーフンも無理はないだろう。

「肩口がシースルーになったセクシーな黒いワンピースで登場した、この日の長澤さんは初めから絶好調。ワインがグイグイ進んでいたようでホロ酔い状態になり、親しいスタッフやキャストにしなだれかかったり、抱きついたりと、やりたい放題。そのおこぼれに預かろうと、彼女の周りは男性陣の輪が切れることがありませんでした」(前同)

そして、宴もたけなわとなった20時過ぎ。
彼女は壇上に上がると、両手で優しく包み込むようにしてマイクを握り、主演女優として締めのスピーチを始めたという。
「視聴率のことや、スタッフへの感謝の言葉など、内容的には真面目なことをいっていたんですが、お酒のせいで、目をトロンと潤ませ、甘えてくるような声でのスピーチですから、その可愛らしさに、会場からは自然と笑いが起こっていました」(同)

そんな温かい雰囲気が、長澤をさらに気持ちよくさせてしまったのだろう。
「突如として、“今後はもっと頑張って、さらに女優として一皮も二皮もムケて……あ、でも、男の人はもうムケているのかもしれませんが(笑)”なんていい出したんですよ!」(同)
「ムケている」とは、チ○コの“あの状態”を指すことは、いうまでもない。

「長澤さんは続けて、“まあ、下ネタなんですけど(笑)。でも、こういうこというと、週刊誌に載っちゃうんですが、それが私なので、これからはそれも受け入れてもらって、頑張っていけたらって思います”と、堂々と語っていましたね」(同)

もちろん、このまさかの下ネタに、会場は、この日一番の大爆笑に包まれたという。
「ちょっぴり恥ずかしそうにはにかむ彼女の表情が、これまたキュートで!もう、これは事件ですよね!?」
制作会社関係者のコーフンは収まらないが、長澤の、この上機嫌の理由はほかでもない。
同作品が金曜11時台の放送にもかかわらず、平均10%に迫る高視聴率を獲得したからだろう。
「長澤は、制作発表のときから、“最近、脚がキレイといわれるので、出していきたい”とノリノリ。その宣言のとおり、ミニスカートやショートパンツ姿で、“太腿モロ出し”で事件現場を駆け回るんですから、毎回が、お色気満載のお宝映像となったんです」(テレビ誌記者)

「マッサージしてくれな~い?」と、若手鑑識官役のイケメン俳優・溝端淳平に対し、うつ伏せ状態になって、長く美しい脚を無防備に放り出すというセクシーシーンがあった。

「溝端は撮影当初から、常に剝き出しにされた長澤の美脚に、メロメロだったそうですからね。マッサージしようと彼女のふくらはぎに手を伸ばすと、その極上の感触にウットリ。“ふぅ~っ”と吐き出す溜め息は、完全に演技を超えたものを感じましたね(笑)」(前同)

溝端が羨ましい限りだが、これだけやってくれれば、世の男性たちが長澤を無視できるはずがない。
お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏も、彼女の美脚に吸い寄せられた一人だという。
「あの美脚で“首四の字固め”を決められ、頸動脈を締め上げられて、うっとりと失神していく自分を妄想していたのは、私だけじゃないでしょう(笑)」

こうした長澤の“エロ進化”は、実は昨年から始まっていたという。
「そのきっかけとなったのは、昨年公開の映画『モテキ』でしょう。推定Fカップ巨乳の谷間を見せつけて森山未來演じる主人公を誘惑するんですが、これが抜群にキュートで色っぽい。Tシャツの上から、たわわな胸を“ワシッ、ワシッ”と大きくふた揉みさせ、さらに口移しで水を飲ませるというセクシーシーンの連続も話題となり、映画は大ヒットとなりました」(映画評論家・秋本鉄次氏)

清純派として芸能界を歩んできた長澤が初めて体当たりで挑んだ、この『モテキ』で、彼女は、「ブルーリボン賞」では助演女優賞を、「日本アカデミー賞」では優秀主演女優賞を受賞するなど、高い評価を受けることとなった。
「08~10年あたりの長澤は、ドラマも映画もヒットに恵まれず、人気も低迷。批判的な報道も続き、一時は痛々しいほどに激ヤセして、巨乳も萎んでしまいましたが、『モテキ』で等身大の女性をノビノビと演じて評価を得たことで、すっかり自信を回復したようですね」(映画ライター)

06月26日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.