日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第17回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第17回

もっと画像を見る

45歳、妻子持ち、当サイト編集部員。家族にも仕事にも恵まれたが、ただひとつ、髪の毛にだけは恵まれなかった…。俺の髪は、このままどんどん薄くなってしまうのか? いや、あきらめちゃいけないんだ!! 決心した男の髪の毛を取り戻すための闘いが今始まるーー。アラフィフど真ん中のサラリーマンSが送る魂の「AGA治療」実践ルポ。ストップ・ザ・AGA!!

施術を開始してから2カ月。これから4度目の施術を迎えるにあたって、カウンセラーによる育毛状態のチェックが始まった。スコープを当てられた私の毛根がモニター画面に映る。経過はどうなのだろうか…?

「毛の密集度が、前回(当連載4~5回)に比べて濃くなってますね。10~60代までの数字が見えていると思いますが、この数値が高いほうが毛がしっかりしているということなんです。太さ、本数に関しては、同世代の平均的な値は、この青い△のレンジの内側になります。それと比べると現状のSさんは、まだ若干細い部分が見受けられますよね。ただ量は、同世代と比較しても平均値の少し上まで来てますので、毛が生え始めて密集度が濃くなっていることがわかります」

おお! ということは、私の髪の毛は本数は十分で、あとは毛が太くなれば理想的ということだろうか?

「そうです。もっと、しっかりとさせていきましょうという状態ですよね。なんにせよ、毛根にちゃんと栄養がいく状態をつくってあげないことには毛がしっかりと育ちません。あとは『毛周期』の関係もあります。早くて半年、長くて6、7年。つまり生えてきて抜けて、で、また生えて…となるまでに、そのぐらいの期間を要する毛もあるんですよ」

例えば腰まで伸びる毛なんていうのは、簡単に抜けず毛周期が長いということらしい。続いて、頭皮のチェックが始まった。

「非常にきれいな状態をキープできてますね。脂による毛詰まりだったり、汚れもないとても良い状態です。脂が詰まると何が良くないかというと、毛根に酸素がいかないから髪に栄養がいかないんですね」

なるほど…。いずれにしても、経過としてはすこぶる良好な状態ではあるらしい。ここしばらくストイックなまでに生活習慣の改善につとめてきた甲斐があったというものだが、念のため聞いてみた。

「仮に私が以前のように暴飲暴食を繰り返したりする不摂生な生活のままでも、今の状態までは来ていたでしょうか?」
「ここまではいかないと思います。生活習慣をまったく変えずに、処置だけをしても効果は一時的なものになってしまいます。Sさんの場合は生活の改善もしていただいた上で対応しているので、当然変わってきますし、結果も早いです。なかなか結果が出ないほかの患者さんなどに話を聞くと、やはり生活習慣を改められない方が少なくないですからね」
「ちなみに、6カ月経って完全に髪が生えそろったとして、そこからまた生活を元に戻したらどうなるんですか?」
「また徐々にAGAが進行…という可能性はあるでしょうね」

やっぱり…(苦笑)。

(続く)

編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

 

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第17回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.