日刊大衆TOP 芸能

[画像あり]AKB48の新チーム「Team 8」が初お披露目!!

アイドルグループ「AKB48」の新チーム「Team 8」のメンバーが3日、都内で行われた「TOYOTA×AKB48 Team 8 プロジェクト発表会」で初お披露目された。
「チーム8」は、「チームA」、「チームK」、「チームB」、「チーム4」に続く5番目のチーム。

これまでの専用劇場での公演を活動の中心としている「AKB48」の4つのチームとはコンセプト、メンバーの選出方法ともまったく異なり、"会いに行けるアイドル"というではなく、自ら"会いに行くアイドル"として、メンバーが全国のファンに会いに行くというスタイルを基本ベースとして、トヨタ自動車のバックアップのもと活動を展開。

メンバーの選出方法も、「チーム8」は既存のメンバーにより編成されるわけではなく、新たにオーディションを開催し、完全に新規のメンバーで結成されることに。

各県の地元放送局の協力のもと全国47都道府県ごとに行うオーディションで、それぞれ代表1人を決定し、その47人の候補の中から選ばれた。

この日は、体調不良のために欠席した三重県出身の山本亜依を除く、メンバー46人が登場した。
最年長は19歳の京都府代表の太田奈緒、最年少は12歳の沖縄県代表の宮里莉羅で、メンバーの平均年齢14.4歳となっている。

今後は5月から全国各地でイベントを行い、来年3月までに全国20ヵ所を回る予定。
8月には東京・秋葉原のAKB48劇場でデビューも控えている。

北海道代表の坂口渚沙は、「オーディション合格の連絡を頂き、とってもビックリしています。でも、受かったからには、私にできる精一杯の努力をして、全力で頑張ります!」。

東京都代表の小栗有以は「『AKB48』に合格できて、すごくうれしいです。家族にも応援してもらっているので、頑張りです。自分らしく、『チーム8』の活動を楽しみたいです!!」と意気込んだ。

沖縄県代表の宮里は、「『チーム8』のメンバーを見た時、みんな優しい人たちで、みんなで頑張っていけると思いました。『チーム8』のコンセプトは"会いにいくアイドル"なので、コンサート練習でつらい時もあるかもしれないけど、みんなで乗り越えて頑張っていきたいです」と話した。

なお、会見では「チーム8」のメンバーも、6月7日に開票される「第6回AKB48選抜総選挙」に立候補できることが発表された

[画像あり]AKB48の新チーム「Team 8」が初お披露目!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.