日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】直球オンナ変化球メス

競馬新理論  井崎脩五郎

平成16年から23年までの計8回の桜花賞のうち、実に7回は、安藤勝己騎手か、安田隆行厩舎の入った枠が連対している。

これは、安藤あるいは安田の「安」という字に、"女"が入っているので、それで女馬のレースには強いのだと新理論で言われている。

その8回のうち、安の字がある枠が連対しなかったのは、平成20年の桜花賞なのだが、この時は、勝ったレジネッタの同枠に女性馬主の馬がいた。
そして2着エフティマイアが、女性馬主の馬だった。

では、平成24年以降の桜花賞がどうなっているかというと、キーワードはやはり「オンナ」なのである。

5枠 イチ(オ)クノホシ
〃  ジェンティルド(ンナ)

ご覧のとおり、平成24年の桜花賞で連対したジェンティルドンナの5枠には、「オンナ」の3文字が揃っていた(丸で囲った部分)。

続く平成25年も同様だった。

7枠 レッド(オ)ーヴァル
〃  (ナン)シーシャイン

連対したレッドオーヴァルの7枠には、オンナの3文字がきちんと揃っていたのだ。

はたして今年は、どういう形で女(あるいはオンナ)が出るのか。
それとも変化球が来るのか。

もし変化球なら、メス(牝)という文字が母馬名に刻まれている、
ヌーヴォレコルト(母オ(メ)ガ(ス)ピリット)は相当にクサい。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】直球オンナ変化球メス

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.