日刊大衆TOP コラム

空港13個

[週刊大衆04月21日号]

日本には大小合わせて102の空港があります。
47で割ると2・17で一都道府県に2つ以上ある計算となり、全国いたるところに空港ありという印象です。

しかし実際には、空港のない県もけっこうあります。
群馬、栃木、山梨、三重、滋賀、奈良、京都。
自衛隊の基地しかない神奈川、埼玉、岐阜を加えると10府県。
全都道府県の約2割に空港がありません。

これら10府県の共通点は、近くに大きな空港があること。
わざわざ巨費を投じて空港を造らなくても、あまり不便は感じないということでしょう。

かつては「1県1空港」を目指した時代もありましたが、現在は離島以外の地方空港建設を抑制するのが国の方針。
新たな空港が造られる可能性は低くなっています。さて、問題は空港がない県ではなく、多い県です。

次の1~3は、日本の自治体で空港を多く抱えるベスト3。
第1位には13もの空港があります。その自治体は?


1.北海道
2.鹿児島
3.沖縄


答えはココを押す! 答え :3=北海道は12、鹿児島は8

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 昼は仕事・夜は妻 昼は仕事・夜は妻
  • 雷電の黒星 雷電の黒星
  • 秀吉のあだ名 秀吉のあだ名
  • 次郎長が始めた塾 次郎長が始めた塾

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.