日刊大衆TOP コラム

世界一忙しい空港

[週刊大衆04月21日号]

小説『風と共に去りぬ』の舞台になったアメリカ・ジョージア州アトランタ。
一般の日本人には、なじみの少ない街かもしれませんが、全米の大企業トップ500のうち400社以上が拠点を置くという南部の中心都市。
そして、ここにあるのが「世界一忙しい」と言われるアトランタ国際空港です。

アトランタは1930年代から、人と物資輸送の要衝として発展。
鉄道や道路も、この街に集中するように造られました。

飛行機の時代になった現在も、"空の十字路"として全米、全世界と結ばれています。
空港の総敷地面積は約1902万平方メートル。
東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積の約20倍。
ひっきりなしに飛行機が飛び交い、年間発着数は2005年以来ずっと世界一をキープし続けています。

日本一忙しい羽田空港の年間発着数は、約39万回です。
これに対してアトランタの年間発着数は?


1.64万件
2.95万件
3.126万件

答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • ベストエアポート賞 ベストエアポート賞
  • 空港13個 空港13個
  • 昼は仕事・夜は妻 昼は仕事・夜は妻
  • 雷電の黒星 雷電の黒星

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.