日刊大衆TOP グ スーヨン

第1回 急告! つまんないオッサンオバサン&つまんないジジィババァに朗報! アイディアがザクザク溢れ出てくる究極の学習法教えます!

2014-04-09

天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」


あなた方がゼッタイ的につまんない理由は、脳みその中がゼッタイ的につまんないからです。
脳みその中がつまんないから、つまんないアイディアしか出てこない。
つまんない自慢話や自己中なつまんない行動や言動は、周りの人を不快にさせるだけ、そりゃそうだ、当然の当たり前です。…ですよねぇ。
脳みその中に無いものはゼッタイに出てこないんです。

ところでグスーヨンって誰だよ?知ってる?知らんがな…
知ってる人は知ってるし、知らない人は知らない、そりゃそうですね、当然の当たり前です。
知らないのは、脳みその中にグスーヨンが無いからですね。

ちなみにグスーヨンは、山口県の下関に生まれて、若い時分はどうしようもないロクデナシだった。どれくらいのロクデナシだったかというと、それは松田翔太主演の映画「ハードロマンチッカー」をレンタルして観てください。そのロクデナシのオレがですね、東京に出てきて働きながら夜間の専門学校に行って、ひょんなことから広告業界に入り、数百本のCMを創り、作詞家やって小説出して、最近じゃ映画撮ったりドラマ撮ったり、ラジオやったりテレビに出たり、東大やら立教やらの大学や地方自治体で講演やったりと、やりたい放題のインテリなロクデナシになってしまってた。インテリかどうかは置いとくとして、アイディアを出して形にするプロになっちまったのは確からしい。
見た目も最悪で、コネも金も才能も無いオレが、どうやってアイディアのプロになったのか?

答えは簡単、とにかく学習したんです。のたうち回って四苦八苦しながらアイディアを絞り出す方法を探し回ったんです。そこらじゅう掘りまくって、そうするといつの間にかボロボロとアイディアが…掘り当てました!しかしそのやり方には、とっておきの秘密があったのだ!

いい加減に学習しろっ!

要するにテキトーに学習するってこと、残念ながら学校で教えてもらった学習法は、アイディアを出すのに何の役にも立たない。したがって、アイディアを創出したくない人やキッチリ正解だけを知りたい人(この世に正解なんてあるのか?)は、まるっきり意味がないので読まないほうが良いでしょう。

これ以上はもったいないから、また来週…

グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.