日刊大衆TOP 社会

ニューメキシコで発見!? 気持ちが悪い人型UMA

アメリカはニューメキシコで、なんとも微妙なスキン・ウォーカーが撮影され話題になっている。
スキン・ウォーカーとはもともとネイティブインディアンの間で言い伝えられてきた、魔術師のような存在。言葉をそのまま訳すと「獣の皮をかぶって歩く者」になるが、要するに獣などに姿を変えることができるシェイプシフター(形を変える者)のことだ。かつてはルイジアナで人型の獣に化けたと思しきスキン・ウォーカーが撮影され、やはり話題になった。

さて、今回撮影されたスカイウォーカーだが、後ろ足関節の角度が、哺乳類としてはありえないとして、疑問の声もあがっている。画像がぼやけているため、はっきりと確認できないのだが、人間がブリッジをしている時の膝の状態にそっくりなのだ。はたして本物のスキン・ウォーカーなのか? 実際にあなたの目で確かめてほしい。




 

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.