日刊大衆TOP コラム

第1回 オカネを儲けたかったら「今週はTPP」に注目!


経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!


ここしばらくの間、TPP(環太平洋経済連携協定)関連のニュースには、要注目だ。

先週の9、10日と2日間にわたって延べ18時間に及ぶ日米双方の担当大臣の間で、閣僚協議が行なわれたが、結局この交渉では合意に至らず、決着は先送りされることとなった。

新聞、テレビはこの両者の関連性をほとんど指摘しようとしないが、この決着先送りを受けて、翌11日の東京株式市場では、株価を大幅に下落させることになった。その終値は、前日比340円07銭安の1万3960円05銭で年初来安値を更新し、昨年10月8日以来、約半年ぶりの安値水準となった。

このことを受けて先週一週間の下落幅ペースは、リーマン・ショック直後以来となり、安倍政権が発足してから最大幅となった。

これまで、株価を強く意識する形で動いてきた安倍首相にとって、最大のピンチが訪れたといっていいだろう。繰り返しになるが、なぜこれほどまでの株価下落に至ったのかというと、一連のTPP交渉に暗雲が立ち込めてきたことを受けて、外国人投資家(外貨)の失望売りを誘ったからに他ならない。

それというのも、日本にとってのTPP加入は、日本経済が将来成長していく上で欠くことのできない重要戦略、と外資は見ているからだ。しかし、だからといって悲観することはない。安倍首相は、今後本気になってTPP交渉を進めさせるはずだ。それゆえに、TPP関連のニュースには要注目なのだ。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

第1回 オカネを儲けたかったら「今週はTPP」に注目!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.