日刊大衆TOP 芸能

出演者が証言した「笑っていいとも!」最終日の舞台裏

32年間の歴史に幕を閉じた『笑っていいとも!』。その最後の特番『グランド・フィナーレ 感謝の超特大号』で、芸能界を揺るがす"事件"が勃発した。歴代レギュラーが順番にトークをしていくコーナーで、大物お笑い芸人たちが次々と乱入。タモリを中心に、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、とんねるず、ナインティナイン、笑福亭鶴瓶など、絶対に共演することはないと思われていた面々が同じステージに立ったのだ。その舞台裏を当事者の芸人たちがラジオなどで話し、衝撃と混乱の現場の様子が明らかになってきている。

さんまの長いトークにイラついたダウンタウンとウッチャンナンチャンがまずステージに乱入。そこで松本人志が「これで、とんねるずが来たらネットが荒れるから」と発言した瞬間に歴史が動きはじめる。

「スタンバイしてたら、なんかわからへんけど、僕らの前をとんねるずさんが走っていったんですよ」(ナインティナイン岡村隆史、*1)。
「打ち上げで石橋さんに直接聞いたんやけど、松本が『とんねるず来たら、ネットが荒れる』っていったから、その瞬間にすぐマネージャーに『ノリタケに行くぞっていえ』って」(千原ジュニア、*2)。

石橋貴明は、木梨に声をかけた直後、爆笑問題の楽屋に向かう。
「タカさんが殴り込みみたいな顔して『太田、行くぞ!』って(笑)」(爆笑問題 太田光)「もうね、『夕ニャン』の頃の目になってんだよ、タカさんが(笑)」(爆笑問題 田中、*3)

そして、とんねるずと爆笑問題がステージに乱入を果たし、奇跡の共演は実現した。
ダウンタウン松本はテレビ(*4)で、東野幸治に「『ネットが荒れるから』って確信犯的にいってはったでしょ」と突っ込まれ、「なんやろな…ちょっとこそばゆいから、気持ち悪いから。俺も性格的にみんなどっかでぼんやり思ってるのが気持ち悪いから」発言したと認めた。
「それで松本さんが、CM中に太田さんに何かいってん」「松本さん、太田さんに一言『ありがとな』って」(千原ジュニア、*3)
お笑い界の今後を変えることになるかもしれない、誰もが予想しなかった共演劇。その目撃者の誰もが、「あれはタモリさんのステージだから成立した」と発言している。


*1:ラジオ『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)
*2:ラジオ『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)
*3:ラジオ『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)
*4:『ワイドナショー』(フジテレビ系列)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.