日刊大衆TOP 社会

体長19メートルの古代ザメ、メガロドンが撮影された!?

約1800万年前~約150万年前に生息していた巨大かつ獰猛なサメ、メガロドンの姿が撮影され、話題になっている。

撮影された場所は深海。海底の地質調査を行なっていたところ、作業中のロボットアームの前を横切っていく、巨大なサメの胸ビレがカメラに映り込んだのだ。海洋生物学者のコリン・ドレイクさんによると、ヒレの大きさから魚体は62フィート(約19メートル)。バスよりも大きいはずというから驚く。巨大ザメといえば現在はジンベイザメ、ウバザメがいるが、どちらも大陸棚などの浅い海に生息しているため、今回のサメである可能性は低い。また深海に生息しているのはカグラザメがいるが、大きくても全長6メートルなため、やはりこちらも違うだろう。

はたして巨大ザメの正体は、100万年の時を生き抜いたメガロドンなのか、あるいは新種のサメなのか? どちらにしても見つかれば世紀の発見であることは間違いない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.