日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第18回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第18回

もっと画像を見る

45歳、妻子持ち、当サイト編集部員。家族にも仕事にも恵まれたが、ただひとつ、髪の毛にだけは恵まれなかった…。俺の髪は、このままどんどん薄くなってしまうのか? いや、あきらめちゃいけないんだ!! 決心した男の髪の毛を取り戻すための闘いが今始まるーー。アラフィフど真ん中のサラリーマンSが送る魂の「AGA治療」実践ルポ。ストップ・ザ・AGA!!

スコープによる頭皮チェックを終えると、施術前のクリーム麻酔が始まった。頭皮にまんべんなくクリームを塗った後、ラップを巻いた状態で40分程放置し、麻酔が効くのを待つのだが、ここで私は前から気になっていたことを先生にぶつけてみた。

「ところでクリームを塗った後にラップをするのは、どんな意味があるんですか?」
「クリームが蒸発するのを抑えるためですね。よくささくれとかできたときにニベアとか保湿クリームを塗ればいいとか言うじゃないですか? あれも塗ったまま寝るんじゃなく、軍手とか手袋をして寝たほうがいいとされてるんですよ。クリームとか軟膏っていうのは、どうしても蒸発しちゃうんで」

そうなのか、知らなかった…。麻酔を終え、待つこと40分。いつものように頭皮に成長因子を振りかけられながら、ダーマペンを当てられる。ジージジー。あれ? 今日はいつもよりちょっと痛い気もするが、我慢できない程の痛みではない。そういえば以前、先生が説明してくれたブロック麻酔というのはどうなのだろうか。ふと思い出して聞いてみた。

「ブロック麻酔は両方の眉毛の下の神経に直接打つので、すぐ効くんですけど、どうしても後頭部のほうまでは効かないんですよ。でも、ほかのクリニックさんだと、ブロック麻酔だけでやってるところも多くて、クリームはやってるところが少ないんです。要はクリームだと時間がかかるし、患者さんの回転も悪くなるんで…。だから、ブロック麻酔だけで、後頭部付近は痛くても歯を食いしばってやったりしてるんですよ」
「えー、そうなんですか!」
「患者さんが痛そうだと、こっちも手加減するじゃないですか。そうすると効果も落ちちゃうし、お互いのメリットにならないんで、うちは両方準備してるんですよ。Sさんも、もし効きが悪くて痛いときはもう一度塗り直しますので、遠慮なく言ってくださいね」

ちなみに、ほんの数年前までのAGA治療は麻酔こそしたものの、それこそ患者は歯を食いしばって、頭皮に剣山をガーンガーンと叩きつけられる施術か、1平方センチのローラーに2、3本しか針がついていない器具を用いた施術がおこなわれていたという。先生いわく「一瞬の痛みだから我慢できた」というが、だとしても、おそろしい…。そんな経緯を考えれば、AGA治療において、ダーマペンというのは画期的な発明だったようだ。

「Sさん、最初の頃に比べると、頭皮にあまり血が滲まなくなってきましたね」
「ホントですか?」
「施術を開始した頃に比べると、皮膚が分厚くなってきてるはずなんですよ。ここ数回は針の深さは1.5ミリなんですけど、最初は0.75ミリでしたから」
「あ、そうなんですか? 深くなってるんですね」
「深くしても血が出なくなってますから」

ということは、やはり私の頭皮は分厚くなっているのかもしれない。つくづく人間の体というのは不思議なものだ。

施術が終わる頃、今日はいつもよりちょっと痛かったことを先生に伝えたら、「なんで言ってくれなかったんですか?」と言われてしまった。少し痛みを感じたのはクリームの塗布が甘かったからのようだが、次の予定を詰めていただけに、また40分延びるかも? と考えたら言えなかったのだ…。そんなことにならないためにも、皆さんには、きちんと時間を取った上で施術に行くことをオススメしたい。

(次回に続く)

編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

 

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第18回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.