日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】毒蝮さんのおかげで大儲け

競馬新理論 井崎脩五郎
毒蝮さんのおかげで大儲け



「ババア」という暗号が出た。

3月30日(日)、中山で行われた常総Sである。

9番 (ア)ップルジャック
10番 (バ)ッドボーイ
11番 (バ)ロンドゥフォール

ご覧のとおり、9番から11番に入った馬が、頭文字でババアという暗号を形成していたのである。

これはバアさん馬を買えということだなと思って出馬表を見たら、出ている牝馬は4歳と5歳で、バアさん馬というような高齢馬は出ていなかった。

さて、このババアという暗号はどう解読するべきなのか。

ハッと思い浮かんだのは、毒蝮三太夫さんだった。
日本芸能史上、「ババア」を最も連発しているのは、毒蝮さんでさる。

『芸名・ペンネーム秘話』(ワニ文庫)をひっぱり出してきて調べたら、毒蝮さんは翌3月31日が誕生日。
本名は石井伊吉とあった。

このヒントにうってつけの馬が2頭いた。
グランデスバルは3月31日生まれで誕生日が同じ。
そしてジャングルハヤテはオーナーが伊藤誠吉さんで、毒蝮さんの本名がダブッていた。

よしと、この両馬を2頭軸にして、3連複を買った。

そうしたら、人気薄のこのグランデスバルとジャングルハヤテが2、3着に差してきて、3連複が4万3000円。
毒蝮さんのおかげで大儲けしてしまった。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】毒蝮さんのおかげで大儲け

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.