日刊大衆TOP コラム

第2回 オバマ大統領「2泊3日」のお泊まり来日のツケはTPP「大筋合意」


経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!


今週最も注目すべきニュースは、やはり何と言っても、23日から2泊3日で来日する、オバマ大統領に関する一連の動きだろう。

今回で2回目となるオバマ大統領来日に対する、日本のTVや新聞などメディアの受け止め方は、はっきり言って相当に冷淡だ。2009年11月の初来日の際の熱烈な歓迎ムードと比べると、その違いは一目瞭然だろう。

しかし今回の来日は、そうした多くのマスコミの受け止め方とは正反対に、日本にとって極めて重要な意味を持つことになるだろう、というのが私の読みだ。

それというのも、オバマ大統領の来日に照準を合わせる形で、TPP(環太平洋経済連携協定)に関する交渉が、「大筋合意」に至る可能性が極めて高いからに他ならない。オバマ大統領の来日スケジュールは当初、水面下で「2泊3日」で進められてきたが、韓国が割り込んできたことでいったん「1泊2日」に短縮されたが、日本サイドの強い要請で「2泊3日」と元に戻された経緯がある。

こうした一連の動きから考えても、安倍首相はオバマ大統領に対して、それなりの“おみやげ”を用意する必要に迫られていると言っていいだろう。つまりオバマ大統領を、手ぶらで帰すわけにはいかないのだ。

その"おみやげ"の中で目玉になるのが、TPPに関する「大筋合意」だ。日本政府サイドとしては何が何でもそこに至るために、一定量の米国産のコメ、麦に限定して無関税にする、という大幅な譲渡案を提示せざるを得なかった。

いずれにしても、「2泊3日」のお泊まりのツケは大きそうだ。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

第2回 オバマ大統領「2泊3日」のお泊まり来日のツケはTPP「大筋合意」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 第1回 オカネを儲けたかったら「今週はTPP」に注目! 第1回 オカネを儲けたかったら「今週はTPP」に注目!

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.