日刊大衆TOP コラム

第3回 いい加減な学習のススメ! テレビを見るとバカになるぞ! ハイ、お父さんごめんなさい!


天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」



実はあったんですねぇ、こんな素敵な学習方法がっ!
おもしろいアイディアを出せと強迫され、出さなきゃと追い詰められ、30年間も七転八倒のたうち回って探しましたからねぇ。ホントに死ぬんじゃないか、殺されるんじゃないかと思ってたけど、今でもかろうじてギリギリ生きてるようです。

□基本編
いい加減にやるにしても、せめてこれだけはやっとかなきゃ話にならない!というお話がいくつかあります。

一つは、絶対的に絶対量が必要だという基本中の基本。
脳の中に、大量の情報やイメージ、たくさんの匂いや味、いろんなムードや世界観を詰め込むことが必要なんです。
当然ですが、頭の中に無いものは、どうやったって出てこない!
もうね、イヤというほどに詰め込むんですよ。
もうね、どうとでもしてくれっ、どうなったってかまやしないって、煮るなり焼くなり蒸すなり好きにしてくれと開き直るくらいの、本なら何千冊、映画なら何千本、音楽なら何千枚と。せめてこれくらいはという遠慮気味に少なめの量ですけどね。
頭の中が堅い人柔らかい人、その人によって違うけど(まぁ、フツーの大人は価値観が凝り固まってしまってるから、かなりの量が必要でしょう)ある絶対量を超えると、魔法のように夢のようなアイディアの世界が広がってきます。
約束します。
ダメだったらすぐ謝ります。ごめんなさいです。

ちなみにオレの場合は、1週間に本10冊、映画10本、音楽10枚をノルマに設定して、かれこれ20歳の時から現在まで33年間ほど続けてる。
1月に40冊40本40枚、1年に480冊480本480枚、30年で14400冊14400本14400枚ということになる。呆けてたり怠けてた時もあるから正確じゃないですけど、たったのこれだけしか詰め込んでない。
こんなもんじゃ、情けない限りでございます。
いい加減な学習ってのは、気持ちは楽チンだけど、そんなに簡単じゃないんだぞ!決して脅してる訳じゃないですが。

えっ、そんなにたくさんは無理だよ~
ありえねぇ~
そんな時間がどこにあるんだっ!


まぁまぁそんな言い訳が、ガンガンガシガシと聞こえてきますけどね…
まったく気にしない。
ほら、自分の胸に手を当てて考えてみてくださいな。
自分がどんな人間かってことは、自分がいちば~んよ~く知ってるはずですよね~。
そうですね、怠け者で、嘘つきで、面倒臭がりで、ズルくて、スケベで、ドジで間抜けで、まだまだ悪いところがたくさん思いつくでしょう。
もちろん良いところもありますが、良いところは、すでに良いと思ってるから、なかなか向上しにくいんです。
良いところを褒めて伸ばすは、真っ赤なウソでーす(これについては、後々話す機会があるでしょう)
それに比べて、悪いところは自覚さえできれば、改善していくことができるから、理屈でも効率的にも向上しやすいという真理です。

いろいろあきらめて覚悟を決めたら、バッサリ切り捨ててしまおう!

オレの場合は、まずテレビを捨てました。潔くバッサリと。
テレビの前でバカ面さげて大笑いしている中学生のオレに向かって、父親が言いました「テレビを見るとバカになるぞ」
自他共に認めるちょバカだったオレでも、これ以上バカになったらヤバイと思ったね。真剣に危機感と恐怖を感じた。それ以来、ドキュメントとニュース以外のテレビは見てません。
それから、漫画とアニメを捨てました。
カルピス劇場とか少年ジャンプとか、ホントに大好きだったんですけどね、泣く泣くあきらめた。
だって、あれこれやってたんじゃ大事なことをやる時間が無くなってしまうんだもん!
時間が無いなら、今の自分にとって大事じゃないものを全部捨てて、使える時間を自分で作って下さい、捻出して下さい。なんとかお願いしますよ…

もう一つの基本は、「分かりたい病」との闘いです。
これについては、また来週!

グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

第3回 いい加減な学習のススメ! テレビを見るとバカになるぞ! ハイ、お父さんごめんなさい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.