日刊大衆TOP 芸能

「芸能美女おっぱい冬季五輪」金・銀・銅 vol.02

[週刊大衆02月24日号]

最後は【最も危険なウインタースポーツ】のスケルトン。
簡易な構造のソリにうつぶせになって乗り込む競技で、最高時速は140キロにも達する。
この競技にふさわしいのは、やはり裸一貫、おっぱいを露出した経験のあるツワモノ女優だろう。

壇蜜は、昨秋公開の映画『甘い鞭』で美乳とヘアを露わにして、究極のSMの世界に挑んだほか、テレビやグラビアでも大活躍。
「和食が世界無形文化遺産になったように、壇蜜のジャパニーズ・ビューティーと"和のエロス"は、世界に通用しますよ」(八木氏)

吉高由里子は、映画『蛇にピアス』(08年)で全裸ファックシーンに挑み、バストトップを初公開。

真木よう子も映画『ベロニカは死ぬことにした』(05年)で、推定Gカップの爆乳を露わにオナニーシーンを披露している。
「実際の冬季五輪でも、真木のデカすぎるおっぱいの曲線を忠実に再現した、スキーやスノボのコースを作ってほしいですね。転倒したら谷間に吸い込まれ、2度と戻ってこれない真木の"デスバレー"なら、遭難しても本望かもしれません(笑)」(前同)

どうせなら「おっぱい冬季五輪」の実況は、ソチ五輪でも現地キャスターを務めるおっぱいアナ、NHKの杉浦友紀アナ(30)にお願いしたいもの。

いや、待てよ。そうなると、杉浦アナ自身が金メダルを獲ってしまう可能性もあるわけで……アレレッ!?
かように、キャスターまでも参戦して、組んず解れつの争いを繰り広げる冬のボイン祭り。

次は4年後にお会いしましょう!

02月21日公開のvol.03続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.