日刊大衆TOP 社会

永田町ギョーテン変人伝説「ここがヘンだよ」小泉純一郎 vol.03

[週刊大衆02月10日号]

そんな小泉氏は音楽好きでも有名。なかでもエルビス・プレスリーは大好き。
「06年6月、日米首脳会談後、ブッシュ夫妻と一緒にエルビスの旧居を訪ねたとき、"グローリー、グローリー、ハレルーヤ"と熱唱しながら、エルビスの"エアギター"を披露。これには、少々品がないと日本国内から顰蹙の声も出ました」(前出・ベテラン記者)

ところが、ブッシュ夫妻は、このパフォーマンスに大感激したという。
「彼の変人ぶりが、時として下手な外交手腕を超越する力を見せた瞬間でした。変人ではあったが、得な人でもありましたね」(前同)

ちなみに、変人ぶりは息子・進次郎氏にも遺伝している。
携帯電話を持たず、日頃、捕まえようがないと言われる父・純一郎氏に倣ってか、彼は携帯番号を安倍首相、石破茂幹事長にすら教えていないという。

"変人の後継者"も育て上げた小泉氏が、満を持して立ち上がったのが、今回の都知事選の応援だ。

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう分析する。
「結果はわかりませんが、もし細川・小泉連合が勝てば、東京発の脱原発の流れができ、あっという間に全国に波及していくでしょう。そして、自民党にいる進次郎氏の去就にも注目が集まっていく。彼は、はっきり言って脱原発ですから。そして気がつくと、永田町にいない小泉純一郎が外から永田町を動かしているという構図が出来上がってしまうのかもしれません」

大事争うべし、些事構うべからず――信念とする、その言葉のとおりに突き進む小泉氏。はたして、稀代の変人は大注目の都知事選で、いかなる伝説を生み出すのだろうか!?

02月06日公開のvol.04続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.