日刊大衆TOP 岩井志麻子

第5回 憎しみと恐怖の遺伝子

2014-05-06

岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー


岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー


その男は昔、惚れた女がいた。十八くらいからソープ勤めの、複雑にして不幸な生い立ちの女だ。すべてにだらしない女だったが、気丈で情の深いところもあった。

何度か彼の子を妊娠したが、その度に堕胎させていた。やがて彼女に暴力をふるうようになり、殺してしまうんじゃないかというような目にも遭わせた。

そして彼女はある日突然、彼の前から姿を消した。絶対、どこかの風俗店にいるはずだ。見つけ出して殺してやる。彼は何年もしつこく探し回ったが、見つからなかった。

気晴らしに、ある東南アジアの国へ行った。日本も暖かくなってきたが、ここは常夏だ。
川沿いのカフェでビールなど飲んでいると、現地の子ども達が集まってきて、近くで遊び始めた。その中の一番小さい、小学校に入るか入らないかくらいの年頃の男の子が、妙に気になった。唐突に、自分の子ではないかという気がした。

その子だけが日本人の子に見えるのではなく、まったくもって現地の子だ。しかし、理屈では説明できない何かの確信を持って、息子だとつぶやいてしまった。

どんな事情や経緯があったかはわからないけれど、あの女が俺の子を妊娠したままこの国に渡って子どもを産んで、その子はこちらで大きくなった。彼はそう考えた。

彼は売店でお菓子を買うと、子ども達に配った。他の子達は喜んだが、その子だけは強いまなざしで彼をにらみつけ、お菓子を受け取らなかった。それだけではなく、彼の手を力いっぱい引っかいて逃げて行った。

彼はさらに確信を深めた。あの憎しみと恐怖のこもった目。俺とあの女の子どもだ。俺の血だけでなく、彼女の俺への恐怖も、あの子は受け継いでいる。彼はすぐにその国から戻り、もう彼女を探すのはやめた。次に会ったとき、息子に殺されると予感したからだ。



岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

 

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.