日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】激しい気性を乗り越えたイナリワン

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
激しい気性を乗り越えたイナリワン



喧嘩っ早い人。
興奮する人。
すぐに怒鳴る人……。

怒りっぽい人にもそれぞれタイプがあるように、気性が激しいといわれる馬にもタイプがあります。

噛み癖(ぐせ)のある馬。
蹴り癖のある馬。
騎手を振り落とそうとする馬……。

どちらにしても、つきあっていくのは容易ではありません。

ただし、馬の場合は癖のある馬ほど、うまく乗りこなすことができれば、乗っている騎手が驚くほどのパワーを持っていることが多々あります。
大変ですが、楽しみも多いものです。

――今までで一番、気性の激しかった馬は?

順位をつけるのは難しいのですが、パッと思い浮かぶのは、オグリキャップ、スーパークリークと並び、"平成の三強"と称された、地方からやってきた怪物、イナリワンです。

彼と初めてコンビを組むことになったのは、中央移籍3戦目となる1989年の「天皇賞・春」。実戦前に、まずは調教で跨ることになったのですが……。

コースに入った途端に、いきなり全速力!

いくら手綱を抑えても、ムキになって走り続け、ようやく止まったのは2周目のゴールを過ぎたところでした。

掛かり癖と呼ぶには、あまりにも激しすぎ。
今思い出しても変な汗が出てきます(笑)。

――これで、3200メートルを乗り切れるのかな。
正直、不安だらけのレースでした。

しかも、引いた枠はよりによって1枠1番。
13日の金曜日と大凶がいっぺんに来たようなものです。

展開や位置取りなど、あれこれ考えずに馬と折り合うことだけに専念しよう。
頭の中にあったのは、それだけです。

とにかく馬を怒らせないように、気持ちをうまくそらすように乗っていました。

ところがです。

あれは、向正面あたりだったと思います。

前を走っていた1番人気のスルーオダイナの手応えに比べて、イナリワンのほうがはるかによく見えて、実際、3コーナーから4コーナーにかけては、下がっていく馬がいるなかで、自分はまだ引っ張ったままの状態です。

――あれっ?
疑問が確信に変わったのは、彼にGOサインを送る前でした。

人というのは本当に現金なもので、こうなるとレース前に抱いていた不安は、もはや、カゲもカタチもありません。

――行けーッ!
走破タイム3分18秒8のレコードタイム。

短距離馬のようにものすごい加速で後続を5馬身も突き放したその加速力にただ、酔いしれていました。

今週末……5月4日は、イナリワンとともに勝利の美酒を味わった「天皇賞・春」です。パートナーは、僕が、いま、日本で一番強いと信じるキズナ。

近年にないほど、強力なメンバーが集いましたが、秋に待っている大目標のためにも、ここで立ち止まるわけにはいきません。

ゴールデンウィークまっただ中。
夢のある競馬、激しい競馬、感動する競馬をぜひご覧になってください。



■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】激しい気性を乗り越えたイナリワン

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.