日刊大衆TOP 芸能

フジ加藤綾子 TBS田中みな実 日テレ石田エレーヌ「スケベ履歴書」 vol.3

[週刊大衆08月20・27日合併号]

一方、田中みな実アナは別の意味でオヤジウケしそう。

「加藤との大きな違いは、田中は手に負えない"小悪魔系"という点。キャバ嬢に振り回されつつも、デレデレするオヤジにはたまらない逸材でしょう」(高島氏)

実際に私生活でも、かつて学生時代の同棲を暴露したり、アナウンサーになってからも"三股疑惑"が報じられた彼女。

その際には、「みな実はみんなのみな実です」と堂々といい放つなど、男を手玉に取るタイプだ。それは仕事でも同様で、番組でも思わせぶりな仕草でオヤジを骨抜きにする。

それが、『サンデージャポン』で披露した"ソーセージ食い"だ。「田中は目を潤ませつつ、"黒~い、太~い"とハシャぎながら、大口でパクリ。さらに"お口がベトベトになっちゃった"と舌をペロリと出す始末でした(笑)」(前出・芸能記者)

そんな"エロ仕事"も果敢にこなす彼女は、オヤジ殺しのテクも天下一品。

「飲み会では年配の男性スタッフの肩に頭を乗せて、"疲れちゃいました~"としなだれかかることもあるそうです」(高島氏)

もしかしたら、俺でもイケるかも――と思わせるのはイイ女の証拠。しかも、脱いでもスゴイと評判だ。

「岡本夏生が田中と温泉ロケに行った際、"田中アナのハリと硬さのあるオッパイを見て嫉妬した"と暴露。153センチの身長に似合わぬロリエロ巨乳の持ち主なんです」(芸能記者)

すべてにおいて男を虜にする小悪魔アナがフリーとなって、さらに暴走するサマを、ぜひとも見てみたい。

08月16日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.