日刊大衆TOP 芸能

松たか子が"イキ顔"披露した"オナニー映画"を誌上公開!!

[週刊大衆08月20・27日合併号]

「あの名女優の"夜の素顔"を見てしまったような気持ちになりました」こう話すのは、9月8日公開の映画『夢売るふたり』を、一足先に試写会で鑑賞した芸能記者だ。

女優の松たか子(35)と阿部サダヲ演じる夫婦が、結婚詐欺で荒稼ぎするという本作。最大の見せ場は、松の"オナニーシーン"だ。

外で女をたぶらかし、カネを稼ぐ夫。松は旦那が構ってくれない寂しさからか、自宅で横たわり、手はズボンの中に伸び、切なげな表情を浮かべる。

「松は"ん…ぅん"と吐息を漏らし、眉間に皺を寄せる。これがエロい。演技っぽくなく、普段もベッドで、あんな顔をしているはずと思ってしまうほど」(前同)

そんなリアリティー溢れる熱演は、行為後の仕草にも現われているという。

「途中、電話の呼び出し音が鳴り、行為を中断。愛液で濡れた指をティッシュで拭き、アソコの香りを嗅ぐためか、指を鼻の下に持っていく。その一連の仕草が妙にリアルで色っぽい。もしかしたら、彼女自身も旦那が構ってくれなくて、普段から家で一人でシテるのかも……」(同)

07年に16歳年上のミュージシャンと結婚した松。過去に子作りを巡って離婚危機説が流れただけに、その可能性は否定できない。

さらに物語後半には、こんな際どいシーンも。自宅の便座に、紫色のパンティを膝下までおろして座る松は用を済ませ、スカートを捲り、下着を穿く。

「その瞬間、白い太腿の間に黒い茂みが! ヘアかどうかは定かではないが、際どいシーンであることは間違いありません」(同)

下半身を膨らませて、公開を待とうではないか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.