日刊大衆TOP 社会

フラれたパチンコ店同僚との関係を諦めきれず母親もろともメッタ刺し

[戦慄の事件ファイル]

12年7月30日、愛知県小牧市で、飲食店女性店員のH・Kさん(43)と、長女でパチンコ店店員のAさん(19)が果物ナイフでメッタ刺しにされ、殺害された。部屋にはAさんの2歳の女児もいたが、額に切り傷を負っていたものの、命に別状はなかった。
「逮捕されたのは、Aさんの同僚であるパチンコ店店員・井馬享平被告(25)。被告は犯行後、自分の胸などをナイフで刺し、自殺しようと2階からダイブ。一時は意識不明の重体となっていたが、勾留と取調べが可能なところまで回復したところで逮捕となった。井馬被告は同年の春頃、Aさんと交際していた時期があったが、うまくいかず、事件の3~4カ月前から電話やメールで復縁を迫り、出勤時に駐車場で待ち伏せするなどのストーカー行為を繰り返していた」(警察関係者)

Aさんは7月に、勤務するパチンコ店の店長に相談。7月22日には店長と2人が話し合い、ストーカー行為をやめるように諭された井馬被告は「わかりました」と殊勝に答えていたという。

だが、実際の井馬被告の動きは、逆にエスカレート。Aさんの自宅に押しかけたうえ、ナイフをチラつかせて「お前を殺して俺も死ぬ」などと口走ったこともあったという。

Aさんは亡くなる直前、SNSの一つ、フェイスブックに「いつも逃げるけど、今回はもう逃げない」「今日、全部解決してくる!」「殺されるの覚悟で行ってくるから」などの悲痛な書き込みを残していた。母親と井馬被告の3人で話すことで、問題が解決することを願っていたのであろうか?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.