日刊大衆TOP トレンド

有機栽培の米作りから始める酒造り。 オーガニックを超える“土産土法”の酒とは!?


■3,400円(税別)/1.8L
(問)髙橋庄作酒造店
TEL:0242-27-0108
※商品価格が改訂されることがあります。
詳しくは蔵元または取り扱い酒販店に、
お問い合わせください。
(C)渡辺宗太商店
髙橋庄作酒造店[福島県]
会津娘 無為信 特別純米酒
(アイズムスメ ムイシン トクベツジュンマイシュ)

“土産土法(どさんどほう)”とは、その土地の人がその土地の手法で仕事をするという言葉。この精神に基づき、田んぼを耕すことから酒造りを始める酒蔵が、銘醸地・会津エリアを代表する髙橋庄作酒造店です。この蔵の目の前に広がる自社田では、ちょうどこの時期に、農薬や化学肥料を一切使わない有機酒米「五百万石」の田植えが始る頃。その有機酒米「五百万石」を使って醸されるお酒が、この『会津娘 無為信 特別純米酒』です。
六代目蔵元兼杜氏・髙橋亘さんはこう言います。「いわゆるオーガニックの考え方と、僕の有機米に対する考え方は少し違うんですよ。その土地にあるもので土を作り、足りないものは環境の中で改善し、気候や水などの資源を最大限に活用して米を育てたいんです。大切なのは有機JASの認定規格よりも、環境資源の循環と活用法を考えること。そういう意識を持つと、酒米はただの原料ではなくなるんですね。肥しも水も、ただの養分ではなくなります。これが土産土法という我々の価値観なんです」。酒造りに人生をかけた男が醸す、オーガニックを超える“土産土法”の酒。飲まずに死ねるか!!
※『会津娘』を醸す髙橋庄作酒造店も参加する、富士虎主催イベント『東京會津祭』のチケットが絶賛発売中です。昨年はチケット完売の人気イベントのため、お早めにお買い求めください。
○7/20『東京會津祭』詳細はこちら○
http://peatix.com/event/35055

富士虎が企画!
もっと日本酒を楽しむためのガイドブック

『LOVE 日本酒!』
定価:780円+税
発行:学研パブリッシング
企画:富士虎
Amazon
富士虎とは?
日本が誇るべきモノやヒトを紹介していくWEBメディア。富士虎が大切にしているのは、作り手や表現者の想い。主催イベントを企画するなど、多角的に情報を発信しています。
http://fujitora.net/

有機栽培の米作りから始める酒造り。 オーガニックを超える“土産土法”の酒とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.