日刊大衆TOP 芸能

つちやかおり 「(不倫相手は)かけがえのない人です」他、今週の「芸能人の発言」まとめ

つちやかおり 「(不倫相手は)かけがえのない人です」
タレントのつちやかおり(49)が、割烹店店主の男性と手をつないで歩く姿が「週刊新潮」で報じられた。つちやは5月1日のAM9:00より会見を開き、「かけがえのない人です」と発言、不倫関係にあることを認めている。その際、一昨年の冬から末娘とともに家を出ている事実も明らかとなった。
そのままつちやはフジテレビの情報番組「ノンストップ」に生出演。つちやより遅れて一時間後、AM10:00より開かれた夫・布川敏和(48)による会見を同番組は生中継し、その状況をつちやが見守るという異例の状況と相成った。会見で布川は「初耳なのでビックリしています」と驚きの表情を隠せないものの、「僕としては大丈夫」と関係の修復を求めている。

しょこたん「深海魚になりたい」発言、彼氏の隠し子発覚で熱愛終止符!
タレントの中川翔子(28)との熱愛が報じられた俳優の小澤亮太(26)に隠し子の存在が発覚した件について、中川は5月2日11時ごろブログを更新。「なにもかも経験値に変えて、素敵な大人の女性になれるようにレベルアップして未来に向かって生きて行きます」と綴っている。しかしその約3時間後には「深海魚になりたい」と、傷心を隠せない様子も。5月5日に開催されたバースデーライブでは「私もみんなも独りじゃない!一緒に未来に向かって生きるぞ!」と、高らかに宣言した。

弟・池谷直樹「(池谷幸雄を)殺してやろうと思った」
5日放送の「私の何がイケないの?『芸能人禁断の家族問題SP』」に、バルセロナ五輪メダリストの池谷幸雄(43)と弟でタレントの池谷直樹(40)が出演。長年の確執をぶつけ合った。
幼少期の幸雄は直樹が体操を始めると横暴な態度をとり始め、体操の才能についても罵倒。幸雄が注目され、ファンが自宅まで詰めかけるようになると、直樹にサインの代筆までさせていたという。番組内では「殺してやろうと思ったこともある」(直樹)、「そんなことを言うなら俺が殺す」(幸雄)と物騒な発言まで飛び交ったが、母親の幸子さんが「どっちもどっち」と仲裁。最後は握手を交わし、和解を約束している。


今回の不倫報道を機に、布川はシブがき隊時代の盟友・薬丸裕英との絆を再確認しているのではないか?会見について前日にラインで布川から伝えられたという薬丸は「できることがあったら、いつでもいってくれ。子どものことを一番に考えてあげなよ」と返信したという。薬丸はバラエティー番組「バイキング」(フジテレビ)の木曜レギュラーも務めており、会見当日の布川→薬丸という流れは奇跡的。「思い出話も、そろそろ 三人集まって、酒でも飲みながらしたいな」「本木クンとは最近連絡を取ってないけど、元気かな……?」と綴られた5月5日布川ブログの内容も感慨深い。ちなみにつちやはアイドル時代、「もう家なんて帰らない」というシングル曲を発表しているが、それが現実になった!?

文・寺西ジャジューカ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.