日刊大衆TOP 芸能

天然巨乳綾瀬はるかVS奔放豊乳長澤まさみ「ボイン女王」頂上決戦 vol.2

[週刊大衆09月03日号]

こう見ていくと、長澤は、もはや綾瀬を超える大女優に上り詰めてしまったような気もしてくるが、これに黙っていないのは、お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏である。
「もちろん長澤さんもステキですが、『ホタルノヒカリ』のような、日常が舞台の"なんでもないドラマ"を人気シリーズにし、映画までヒットさせる人気と実力を持っているのは、芸能界広しといえど、綾瀬さん以外に見当たりません。まだ、頭ひとつ抜け出た存在ではないでしょうか」

確かに、いまも綾瀬は絶好調。8月25日公開の、高倉健の6年ぶりの主演映画『あなたへ』にも出演し、あの健さんをも"天然巨乳"でメロメロにしたという。

「綾瀬は撮影に参加した初日の挨拶で、いきなり健さんに、"耳が大きいですね"とフランクに話しかけ、健さんは大笑い。演技でも、九州弁をしっかりマスターし、迫力あるセリフ回しで全関係者を驚かせ、健さんも、すっかり心を掴まれてしまったそうですね」(映画関係者)

9月1日には、主演映画『ひみつのアッコちゃん』の公開が控えている。「可愛らしいOLルックから、婦人警官やCAなど、彼女のコスプレショーが楽しめる。そして、変身シーンでは、綾瀬のボディラインが浮かび上がる、ほんのりエッチな演出もあるようです」(前同)

さらに綾瀬は、「このミステリーがすごい!」大賞受賞作の映画化『リアル~完全なる首長竜の日~』に主演することも決定。また、この8月中に、ヒロインを務める来年のNHK大河ドラマ『八重の桜』のクランクインも控え、まさに引っ張りだこ。

「現在放送中の『平清盛』が、大河史上最低の7・8%という不名誉な視聴率記録を更新したばかり。2年連続の大コケは絶対に許されないと、NHKも気合いが入っているそうです」(テレビ誌記者)

あとがないNHKが期待するのは、もちろん彼女のFカップ巨乳。
「綾瀬が、映画『プリンセストヨトミ』で見せたような、"乳揺れ疾走シーン"で話題をさらいたいと、脚本を何度も練り直しているとも伝わってきます」(前同)

今年になって、痩せたことで、その豊乳が縮んでいるという話もあったが、「長年通っているというマッサージ店に最近、足繁く顔を出し、体のバランスを整えながら再豊乳化に勤しんでいる」(ヘアメイク)というから、彼女も熱い期待に応える気のようだ。

前出のユリオカ氏も、この大河を大いに楽しみにしているという。
「綾瀬さんの巨乳は、『おっぱいバレー』という、一見、イロモノに見られかねない作品を、さわやかな青春映画として成立させ、大ヒットさせました。大河でも、爽やかに揺らしていただきたい!」というように、豊乳&美脚、さらには美尻で追い上げる長澤を、綾瀬は巨乳を振り回して迎え撃つ構えのようだ。

熾烈極めるこのバトル、ひとついえることは、どっちが勝っても最高だ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.