日刊大衆TOP 社会

ドライバーが知らない交通取締りヤバすぎる秘密110 vol.6

[週刊大衆11月25日号]

駐車監視員
45.駐車監視員が、確認標章プラス車ナンバーの写真を撮影していなければ、証拠不十分で放置車両金の支払い義務がなくなる。

46.駐車監視員がステッカーを貼るまでに、車に戻ればセーフになる。自分の車を監視員が囲んでいたら、ダッシュ! 諦めることなかれ!

47.駐車違反による反則金はドライバーが拒否しても、車の所有者に納付命令が行く二重請求システムのため、警察側は取りっぱぐれがない。

48.駐車監視員は自分の携帯電話で駐車違反の時間の確認をすることも! 時間がズレていることが多々あり、その場合は違反が無効に。

49.5分以内なら認められていた駐車だが、現在は1分でも駐車違反。緊急事態でもアウトになるので、少しでも納得いかなければ弁明書を!

50.駐車監視員の資格を取るには、講習7時間×2日と1時間のテスト。こんな簡単な内容で、よいのかという声も多数。


路上パーキング
51.駐車違反を半年で4回繰り返すと違反金支払いと関係なく、聴聞会を経て使用車が20日使用停止の行政処分。5回なら30日、6回なら40日。

52.違法駐車のレッカー移動は06年6月の駐車監視員導入以降、激減。かつては1カ月に都内で1万件以上あったが、現在では数十件程度。

53.駐車違反ステッカーを剥がせるのは警察官だけで、破損すれば2万円以下の罰金が課されたが、現在は運転主も剥がすことができる。

54.パーキングメーターのチケットをまとめ買いし、まとめて複数枚貼っても効果なし。1枚分の40分ないし60分以上の駐車で取締り対象に。

55.料金を払えば1時間以内の駐車を許される路上パーキングだが、追加料金で駐車時間を延長することは認められていない。

56.パーキングチケット剥がれやすく、もしチケットがなくなると、不掲示違反で、1点の減点、違反金1万円を請求されるケースもある。


落とし穴
57.駐車禁止でない場所でも、12時間以上(夜間は8時間)同一場所に駐車すると道路を車庫代わりにしているとして駐車違反になる。

58.運転資格のない子供が乗っていても取り締まられるが、同じく免許を持っていなくても大人が乗っているだけで監視員は見逃すことも。

59.駐車禁止区間でなくても、交差点内や車庫の出入り口から3メートル以内の部分などに駐車すれば、駐車違反になる場合がある。

60.警察車両も横断歩道の上などに駐車すれば駐車違反になる。実際、07年に福井県警、08年に神奈川県警が違反キップを切られた。

11月21日公開のvol.7に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.