日刊大衆TOP コラム

第4回 株の絶好の"買い場"が到来…全日空に注目!


経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!


いよいよこの6月から、株式投資に関してまさに絶好の"買い場"がやってくる。

それというのも、我々の年金資金の運用を手掛けるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、6月から積極的に株式運用に乗り出すからだ。GPIFが運用する資金はなんと、約130兆円に達する。その規模の面から言って、世界最大の年金基金だ。

これまでも、GPIFは株式運用を手掛けていたが、その割合は資産全体のわずか17%程度にとどまっていたのが実情だ。その一方で約55%を国債で運用し、安全運用に重きを置いてきたと言っていいだろう。

そのGPIFが、安倍首相の強い意向もあって、そうした運用方針を一変させ、日本株に対して積極的に"カイ"を入れてくるというのだ。仮に日本株の運用枠が倍になったならば、約22兆円もの資金が新たに株式マーケットに向かう計算になる。

これはどう考えても、株価上昇につながることは間違いない。

ならば、どの銘柄が"カイ"なのか?

筆者の見るところ、自民党の全面的支援を受け、しかも国策とも合致する全日空(ANA)などが狙い目だろう。

この4月から羽田空港は、本格的な国際化をスタートさせた。そして、その中核を担っていうのが、全日空なのだ。2020年の東京オリンピックとも関連し、全日空は注目だろう。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

第4回 株の絶好の

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.