日刊大衆TOP 岩井志麻子

第10回 働き者の末路

2014-06-10

岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー

岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー


東南アジアから来た彼女は、今は歌舞伎町の店で風俗の仕事をしている。
「村にいた頃は、朝早くから夜遅くまでずっと働いてたよ。お母さんも働き者だった。
お父さんは酒飲んで博打して遊んで、お母さんや私達を殴ってた。三人いたお姉ちゃん達も必死に働いてるのに、その旦那達も博打と酒浸り。女遊びもやってた。
そんなある日、村が津波に襲われたの。村の田んぼや畑、店、行商、働いていた人達はみんな死んだ。でも、町に出て遊んでた奴らはみんな助かった。
私は幸い、高台の方にいたから助かった。お母さんとお姉ちゃん達は死んで、お父さんや義理の兄達は助かった。子ども心にも、哀しみを通り越してバカバカしくなった。
真面目にしていれば報われる、って考えが間違ってたんだよ。悪いことしたら罰が当たるってのも、嘘だったんだよ。働き者が死んで、怠け者が助かるなんて。
私は裏稼業の人に頼んで、この国に来た。死体の見つからない、二番目のお姉ちゃんの名前に改名したよ。
やってることは体を売ってることで、それは堕落かもしれない。
でも、私はやっぱり働き者なんだね。農作業や行商をやっていたときと、気持ちが変わってない。高級ブランド品も欲しくないし、仕事はあるだけありがたいよ。
神様から見たら、私はどう見えるだろう。派手な格好して、男に体売ってる。堕落しているのか。それとも働き者なのか。突然、とんでもない事故や災害で死ぬのかな。
そのとき私は、ああ働き者だったから早死にしたと思い知るのかな。もし金持ちの男に見初められたりしたら、堕落した女だったからいい目にあえた、とわかるのかな。
いずれにしても、私も死んだら死体がなかなか見つからない気がする。これは確信。それにしても日本の夏は、私の故郷の夏より暑い。死体、早く腐るね」



岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.