日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】太眉大流行が示すもの

競馬新理論 井崎脩五郎
太眉大流行が示すもの



秋にずっと行われてきたオークスが、春の施行に変わったのは、1953年(昭和28年)のこと。春に3歳牝馬が2400メートル戦を走っても、別に問題がないというくらい、その頃、日本の3歳牝馬にも体力がついてきたということなのだろう。

去年はそれから60年経った記念の年だった。人間でいえば還暦である。オークス春施行の記念馬券が出る可能性ありと見ていたら、案の定だった。メイショウマンボとエバーブロッサムで決まったのだが、メイショウマンボの父親スズカマンボは、「春」の天皇賞の優勝馬。そしてエバーブロッサムは、その母親の名が、春そのものの「サクラサク」だったのである。

実は今年は、映画『ローマの休日』が日本公開(1954年)されてから、ちょうど60年経っている。「現代世相風俗史年表」(河出書房新社)によると、〈日比谷劇場は三八日間のロングランを記録〉。巷はオードリー・ヘップバーンを真似て、〈眉を濃く太く描いた髪の短いボーイッシュなスタイルの女性であふれた〉とある。

今年は、太い眉の大流行を女性誌やワイドショーが取り上げ、60年前が甦る兆候がすでに出ている。オークスもその流れの中にあると見て、注目はやはりハープスター。『ローマの休日で』オードリーが演じたのは「アン」王女だが、ハープスターの3代母は「アン」ティックヴァリューだ。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】太眉大流行が示すもの

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.