日刊大衆TOP コラム

ハンバーガーの生みの親

[週刊大衆06月02日号]

最もアメリカ的な食べ物といえば、ハンバーガーでしょう。

その原型が生まれたのは、およそ100年前。
20世紀初頭、コネティカット州の小さな食堂で、あぶったミンチ肉をトーストに挟んで出したのが最初だと言われています。

チェーン店の第1号は1921年、カンザス州にオープンした「ホワイト・カースル・ハンバーガーズ」。

後に世界を席巻する「マクドナルド」は1948年、カリフォルニア州に誕生しています。
1号店はドライブインを改装した店で、ハンバーガーの値段は15セントだったとか。

ハンバーガーは、アメリカ人によって現在の形になりました。
しかしルーツを探ると、遠い国の民族料理にたどり着きます。
その国の料理がヨーロッパを経由してアメリカに伝わるうちに、少しずつ形を変えてハンバーガーになったのです。

ハンバーガー育ての親をアメリカとするなら、生みの親は?

1.ロシア
2.インド
3.エジプト

答えはココを押す! 答え :1 ロシア東部に住むタタール人の料理がルーツとされている。

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.