日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】名前からして男まさり

競馬新理論 井崎脩五郎
名前からして男まさり



1970年以降のダービー馬を見ると、ダービーに至るまでに2か月以上の休養を、2度以上取っていた馬が6頭いる。

これらはいずれも、ダービーで大きな変わり身を見せた。年代の古いほうから順に、ダイナガリバーは皐月賞10着からの大変身。

ミホノブルボンは、距離不安を一蹴する逃げ切り勝ち。

ウイニングチケットとジャングルポケットは、皐月賞4、3着からの巻き返し。

ウオッカは、実に64年ぶりの牝馬優勝。

そしてロジユニヴァースは、皐月賞14着からの一気浮上だった。

これらはいずれも、ダービーに至るまでの休養が2回だったのだが、2回であれほどの変わり身を見せるのなら、3回休養を取っているこの馬は、どれくらい変わるのか。そういう期待を抱かせるのがレッドリヴェールだ。

デビュー戦のあとの3戦は、いずれも休養を取っての出走。今回も桜花賞から7週間と、十分なレース間隔を取っている。これは、牝馬ウオッカがダービーを勝ったときと、まったく同じ。

桜花賞のとき、レーシングプログラムの「馬名プロファイル」を読んでいたら、英文学者の柳瀬尚紀さんが「Reveur(レヴェール=夢見る者)は男性形。あえて男性名詞を名乗る男勝り」とお書きになっていた。その向こう意気の強さが男馬相手でもモノを言いそうだ。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】名前からして男まさり

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.