日刊大衆TOP 須田慎一郎

第6回 農協消滅の可能性…米や野菜が安くなる?

2014-05-26

経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!

経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!


いささか旧聞に属する話で恐縮だが、去る14日、政府の規制改革会議が、農業分野の改革案をまとめた。この件に関しては、多くのメディアが大々的に取り上げたため、ご記憶されている方も多いと思う。とは言え、そうしたメディアの報道スタンスは、まったく腰が引けたもので、伝えるべきことをきちんと伝えているとは、とても言い難い。

だとしたら、伝えるべき最も重要なポイントとは、いったい何か。それはこの"改革案"が、もしに実行に移されたならば、農協はバラバラに解体され、今の姿をとどめることは決してないだろう、ということだ。そのインパクトは、事実上の"農協消滅"と言っても過言ではない。そのもたらす影響は、郵政民営化の比ではない。

そもそも農協の経営実態は、極めていびつなものだった。以下、具体的に説明する。現在の農協の経営は、以下の3つの事業によって成り立っている。①営農(物品、農作物の購買など、農業指導)②共済(保険事業など)③信用(金融事業)。農協にとってのその"本業"と言えるのは、①の営農事業であることは間違いない。ところが、この営農事業は、ほとんどの農協で大赤字に陥っており、その赤字を信用事業の黒字で何とか補填しているのが実情なのだ。

前述の規制改革会議の"改革案"の最大のポイントは、その本業である営農事業に専念しろ、というもの。しかし、それゆえに筆者は、それが実行に移されたならば農協は消滅する、と指摘したのだ。安倍首相は、これを実行に移すつもりのようだ。相当なヤル気を見せている。

もしこの改革が実現したならば、農協という日本の農業にとっての"重し"がなくなり、われわれ消費者は、今よりも安くて美味しい米や野菜が食べられることになるだろう。そのことだけは間違いない。もちろん農協サイドは、間違いなく全面的に反対するだろうけれども……。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.