日刊大衆TOP 社会

前代未聞! 凶悪事件の裁判中にアエギ声が…

イタリアといえば、セックスに関しても明るく自由奔放なイメージがあるが、これはイキすぎだろう。なんと、凶悪事件の法廷のさなか、すぐ隣りの部屋で裁判所の職員が情事に耽っていたというのだ。

港町で起きた浮浪者殺人事件の公判。当然、厳粛な雰囲気で裁判は進行していく。しかし、検察官に対して証言が開始されたとき、何やら艶かしい物音と嬌声が……。

「あは~ン、ウフ~ん」

くもりガラス越しに、アエギ声やピストン運動の様子が丸わかり状態。そこで、裁判官は2人に秘め事をやめるよう告げたという。

どうやら、本人たちはこっそりヤッているつもりだったらしい。

「背徳な状況下だと男女の愛欲の炎はより盛り上がるものですが、それにしても裁判所とは。もしかしたら、所内の別のところでもイタしていたのかもしれませんね」(風俗ライター)

この2人、どちらか1人が既婚だったようで、デリケートな問題があるとして名前は公表されていない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.