日刊大衆TOP 社会

獣と死闘も! 男の職場「またぎ」の世界に女子が大量参入

森にいそうなゆるふわファッションの「森ガール」、山をこよなく愛する登山女子「山ガール」などなど、女性の間で起こってきた自然回帰?ブームが止まらない。
「山ガール」に続くのは、さらにアクティブかつアグレッシブな「狩りガール」!?
女子たちの間でいま、「狩り」が注目を浴びているという。

近年、シカやイノシシなど鳥獣による農作物への被害が増加傾向にあるが、猟師の世界も高齢化と後継者不足が深刻だ。
そこに登場したのが、「狩りガール」。これまで主に男性が担ってきた猟師の世界に、新たな担い手として、若い女性たちが進出しつつある。
食や自然への関心など動機はさまざまだが、重い銃を背負っての山歩きは、男でもハードなものだ。また、動物との対峙は時に危険も伴う。

それでも彼女たちが狩猟に魅せられる理由は、狩りの達成感、命の尊さや食べ物への感謝を実感できることにあるという。

先行き不安なこの時代、どんどん逞しくなっていく女たち。これは男も負けていられない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.