日刊大衆TOP コラム

離婚率の低い県

[週刊大衆06月09日号]

「結婚するより、別れるときのほうが何倍も大変」とは、離婚経験者がよく言う言葉。
離婚は心身に大きなダメージを与えるのでしょう。

人口問題研究所の調査によると、離婚した人は病気になったり不慮の事故にあうリスクが高まり、死亡率が急上昇するそうです。

ストレスが最大の原因と考えられています。

しかも、死亡率が上がるのは男だけの特徴。
女にはそんな傾向は見られないとか。
やっぱり、男よりも女のほうが図太くて強い生き物と言えそうです。

日本では現在、1分49秒に1組が離婚している計算で、1年に結婚する夫婦の3分の1にあたる数の夫婦が別れているといわれています。

特に増加が目立っているのは熟年離婚。
その場合、妻から別れを切り出すケースが圧倒的に多くなっています。

都道府県別の状況を見ると、離婚率が一番高いのは沖縄。
以下、大阪、北海道、福岡、宮崎と続きます。

逆に離婚率の低い県は、なぜか日本海側に集中しています。
次の3県は、そのベストスリーです。この中で、最も離婚率が低いのは?

1.福井
2.新潟
3.富山

答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.