日刊大衆TOP コラム

日銀本店の形

[週刊大衆06月09日号]

日本銀行は財務省印刷局から紙幣を仕入れ、発行しています。
仕入れ値は紙代、印刷費、人件費を合計した原価で、千円札1枚あたり15円、5千円札と1万円札は20円ぐらいだといわれています。

日銀はお札を発行していますが、国の機関ではありません。
日本銀行法で設立された認可法人で、形の上では民間企業。
証券取引所に上場して株式も公開しており、誰でも買うことができます。

といっても、株を買い占めて乗っ取ることは不可能。
日銀株の55%は政府が保有し、公開されているのは45%。それに、株を買っても株主ではなく、出資者と認められるだけ。

配当は受け取れますが、経営には参加できない仕組みになっています。
日本橋にある日銀本店は明治29年に竣工した建物で、国の重要文化財に指定されていますが、上から見ると、ある漢字の形をしています。いかにも銀行らしい、その漢字とは?

1.円
2.札
3.金

答えはココを押す! 答え :1

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.